20代の「働く」に
もっと自由な選択を

この記事をシェアする

  • FOCUS
  • 社会人インターンとは|類似制度との違いやメリット・給与体系について総まとめ
  • FOCUS
  • 社会人インターンとは|類似制度との違いやメリット・給与体系について総まとめ
2022.05.11FOCUS

社会人インターンとは|類似制度との違いやメリット・給与体系について総まとめ

20代の働き方研究所 研究員 R.W

いま、学生だけではなく、社会人向けのインターンシップ(以下、社会人インターン)が多くの企業で実施されています。社会人インターンには、実施期間や形式の違い、報酬の有無などが異なる多種多様のプログラムが設けられています。
今回は、気になる社会人インターンの目的や特徴、形式ごとのメリット/デメリットについて解説していきます。

INDEX

-社会人インターンとは?
-紹介予定派遣やトライアル雇用との違い
-社会人インターンを行う企業側の目的
-社会人インターンによる参加者側のメリット
-社会人インターンの種類
-社会人インターンにまつわるQ&A
-まとめ
 

社会人インターンとは?

社会人インターンとは、社会人が現在の勤務先での仕事を継続しながら、他の企業で就業体験することです。転職希望者だけでなく、他社の業務やノウハウを知ることで社会人としてのスキルアップにつなげようとインターンに参加するケースも多数見られます。
普段と違う環境や業務内容を経験し、新たな発見や観点で物事を見たり考えたりできるようになるというのも、社会人インターンならではの魅力といえます。
 

紹介予定派遣やトライアル雇用との違い


社会人インターンの特徴としては、「参加へのハードルが低い」ことが挙げられます。採用に直結したものではないプログラムも多く気軽に始めやすいことから、さまざまな企業で就業体験ができ、多くの企業との接点を持てるなどのメリットもあります。
 

社会人インターンを行う企業側の目的

・ミスマッチの防止
・優秀な人材の囲い込み
・オープンイノベーションの活性化


社会人インターンは参加者側だけでなく、実施する企業側にもメリットがあります。以下では、社会人インターンを行う企業側の代表的な目的をご紹介します。

ミスマッチの防止
社会人インターンには、雇用におけるミスマッチを防ぐという利点があります。一定期間一緒に働いてもらうことで、職場の雰囲気や業務内容といった理解促進につながるため、入社前に参加者との相性を見極めることができます。

優秀な人材の囲い込み
多くの企業は常に優秀な人材の確保に取り組んでいます。社会人インターンは、就業体験を通じて、自社への理解を深めてもらいながら参加者の特性やスキルを見極めることができるため、優秀な人材の確保に役立ちます。

オープンイノベーションの活性化
他社での経験を持った人材を一定期間迎え入れることにより、組織に刺激を与えたり、新しい考え方や働き方を取り入れたりすることで、イノベーションの起爆剤にするという目的もあります。
 

社会人インターンによる参加者側のメリット

・業務の適性を判断できる
・職場の雰囲気が掴める
・転職の軸が定まりやすくなる
・アピールポイントが増える

・自身の市場価値がわかる

社会人インターンシップは、本業では得られない経験を通じて自身を高めるため、という「自己投資」の側面が強いとされています。
以下では、そのメリットをご紹介します。

業務の適性を判断できる
将来的に未経験業種や職種で働きたいと考えている場合、就業体験を通じて事前に適性を知ることができます。まずお試しで仕事を経験することで、今後のキャリア形成の精度を上げることができるのは、ひとつの大きなメリットと言えるでしょう。

職場の雰囲気が掴める
転職活動を目的としてインターンに参加する場合、自分の気になる業界や企業で就業体験し、職場の雰囲気を掴むことは、転職先を選定する上での大きな検討材料にもなります。

転職の軸が広がる
自分の経験やスキルを活かせるインターンに参加する場合、自分のレベルを知り、スキルアップの必要性や方向性を知ることができます。また、就業体験を重ねることで、新たなキャリアプランを描いていくことにもつながります。

アピールポイントが増える
インターンを通じて得たスキルや経験は、転職活動の際など自身の経験をアピールしたい時にも有利に働きます。特に本業とは異なる職種や業種に転職したい場合は、インターンでの実務経験をアピールすることもできます。

自身の市場価値がわかる
他社のインターンに参加することによって、「他の企業では自分がどのように貢献できるのか」「どう評価されるのか」を本業で得られる評価とは異なる尺度で体感できます。また、本業では使っていなかったスキルや特性を評価してもらえる場合もあります。
 

社会人インターンの種類

・単日開催のワークショップ
・短期インターンシップ
・長期インターンシップ


「本業の終業後、数時間だけ」「週末のうち一日だけ」「まとまった休暇の期間だけ」など、希望者の都合に合わせて参加可能な多彩な期間や日程のプログラムが存在します。
以下では、社会人インターンの主な実施形態をご紹介します。

単日開催のワークショップ
その名のとおり1日で終えるプログラム。簡単なワークショップや参加者同士のディスカッション、会社説明などが主です。

メリット
土日などの休日に気軽に参加できる
新たな人脈を作る交流の場としての側面もある
デメリット
参加企業の社風や実際の業務までは体験できない場合が多い
基本的に給与は発生しないことが多い


短期インターン
土日など、普段の休日を利用し参加できるプログラムもあります。毎週土曜や隔週日曜など参加日程が決められ、期間は数日~1ヵ月程度が一般的です。

メリット
まとまった期間で勤務するためさまざまな業務が経験できる
企業から報酬が支払われるケースもある
デメリット
短期間のため成果を求められにくい場合もある


長期インターン
3ヶ月以上にわたるものは長期インターンに分類されます。実施される時間帯も土日、あるいは平日の本業の終業後など多種多様です。

メリット
自身の都合に合わせて選択できる
責任ある業務を任される場合もあり、やりがいが大きい
デメリット
長期にわたるため本業との両立が負担に感じられる場合もある
社員と同様、成果にコミットすることが求められる場合もある
 

社会人インターンにまつわるQ&A

Q. 報酬は発生する?
-A. 社会人の長期インターンは給与が発生することが多い
長期間にわたって自身のスキルを発揮し、就業先に貢献するような社会人インターンの場合は、何らかの報酬が発生することが多いようです。一方、単日開催のプログラムは、簡単なワークショップやディスカッション、企業説明会がメインであることが多く、基本的に報酬が発生しないものがほとんどです。

Q. 勤務は平日のみ?
A. 平日であれば終業後。土日や長期休暇中に行われるものも多い
学生向けインターンと異なり、社会人インターンの場合は本業がある人が想定されています。そのため、本職の終業後やリモートワーク(在宅勤務)、週2日勤務など、個別に相談して決められるケースがほとんどのようです。

Q. 未経験の業界でも参加できる?
A. 未経験歓迎の募集もあり
社外人材ならではのアイデアや発想力などを求めて、未経験者を募集している企業も多数あります。本業だけでなく、趣味や社外活動なども含めた経験などが期待されている場合もあります。

■まとめ:一目でわかる社会人インターン

・社会人インターンは転職を考えていない人であっても、社会人としてのスキルアップや中長期的なキャリア形成を目的に取り組む人が多い

・単日、短期、長期など、参加者の都合に合わせて参加可能なプログラムが存在する

・一定期間以上にわたって実施されるプログラムでは、報酬が発生するものもある

・近年、社会人インターンの受け入れが増加しており、専門サービスなども生まれている



普段と違う環境で、本業とはまた違った経験を積むことができる社会人インターン。
転職を見据えて参加する方にも、自分のスキルを磨くために参加する方にも、社会人インターンに参加する上でオススメしたいのは、いくつかのプログラムをまず体験してみるということ。それぞれの企業での働き方、身につくスキル、得られる経験を比較していくことで、自分の中の「理想の働き方」「理想の自分の姿」を考えるきっかけになるはずです。
また、自身のスキルを磨いたり、市場価値を測れるということは、「働く」について深く考えるきっかけにもなるはずです。
あなたが求めている「理想の働き方」は、社会人インターンに参加することで見つかるかもしれません。

 

この記事を書いた人

20代の働き方研究所 研究員 R.W

1994年1月生まれ。
新卒でインターネット広告代理店に入社。企業向けのWeb集客コンサルティングに携わった後、事業会社でのマーケティングに興味を持ち、第二新卒枠で転職。現在はWebサイトの企画・運用・集客・分析を担う。自身の早期離職の経験から、20代で形成されるキャリアや仕事観に興味を持ち、20代の働き方研究所にジョイン。好きなものは、気持ちのいい伏線回収が待っているドラマ・映画。 
#デザイン #プロモーション #キャリア形成支援 #テレビっ子

この記事をシェアする